「茶道」とは、静かに正座して「薄茶」や「濃茶」の飲み方やお点前のお稽古をすること、と思ってはいませんか?確かに、そういうお稽古をすることも重要ですし、忙しい現代においてほとんど失われてしまった静かで心休まる時を取り戻すことができます。でもそれだけではありません。「茶道」は四季がはっきりして緑ゆたかな日本特有の風土が生み出した総合的文化芸術なのです。昔より「茶人たち」は、季節ごとに「茶事(茶会)」をして、自然の美しさや風土が育んだ器をめで、旬の食材に舌鼓を打ち、豊かな時を過ごしてきたのです。以下参考までに、季節ごとの一般的なお茶の年中行事について述べてみます。

 
季節の道具
1
2
3
4
5
6
7
 
 
 
 
 

炉の季節

(立冬より立夏まで:一般には11月から4月)の行事

風炉の季節

(立夏より立冬まで:一般には5月から10月)の行事

お茶の正月と言われる立冬を迎えるころ、炉を開き、道具組を改め、茶壷の口を切り、いわゆる「口切りの茶事」をして、この頃には十分に熟成したその年の春収穫されたお茶を味わい楽しみます。
立夏の前後から、炉をあげて風炉の季節になります。風炉の灰押さえは時間のかかる作業ですができあがる頃には気分も一新、道具組も風炉用に改めます。「初風炉」の茶事では、露地にたっぷり打水がなされます。青々とした新緑や苔のみずみずしさに心が洗われるようです。
長い夜を楽しむために「夜咄(よばなし)」の茶事が考え出されました。行灯やロウソクを使ったやわらかな明かりの下、静かな時を過ごします。またこの頃から本格的な寒さが始まるので、熱を逃がしにくい筒茶碗や火鉢なども順次使われます。年納めの会「納会」もしばしば行われます。 長い梅雨が明け盛夏をむかえると、涼しい朝の間にお茶を楽しもうと「朝茶」を催します。この時期ならば浴衣を代用できますから、若いかたにも気軽にお茶会に参加してもらえます。すこしでも涼しさを感じてもらえるよう、葦障子を入れ、ガラスの器や平水指、平茶碗などを使います。
「初釜」は最も一般に普及した茶事かもしれません。結び柳などの華やかな飾りがなされた茶室で新年を祝うのはとても清々しいものです。 暑さもひと段落すると重陽の節句や仲秋の名月が待たれます。澄んだ秋空の下、観菊や観月の茶会では菊や月にちなんだ道具が茶室を飾り、季節はこれから日一日とお茶にふさわしい気候となっていきます。
寒さの最も厳しい頃ですが、少しずつ昼の時間が長くなり、春がそう遠くないことを感じさせてくれます。広口の釜を使ったり筒茶碗で「絞り茶巾」などをして、茶室では少しでも暖かく過ごせるよう工夫します。ひな祭りの頃にはお雛様の香合や桃の形の茶碗なども使われます。「暁の茶事」をして、夜明けをはさんで「暗」から「明」への時の流れを楽しむこともあります。 秋が深まるこの頃は朝晩に寒さを感じるようになりますから、少しでも暖をとってもらえるよう客付きに風炉を寄せて点前(中置き)をします。また昔は、前年の秋に口切りをした茶壷のお茶が残り少なくなっているため、その貴重な最後のお茶を味わおうと「名残りの茶事」が考え出されました。現在でもこの時期は、わびた風情を楽しむため、風炉の灰の表面に筋目をいれて表面をわざと壊したり、破れ風炉などを使ったりします。
春めいてくるこの頃になると、五徳を上げ、透木釜や釣り釜を使うようになり、開炉より半年をすごした炉の季節も終わりに近づきます。また新緑が美しい季節ですから、旅ダンスを使って戸外で過ごす風情を茶春めいてくるこの頃になると、五徳を上げ、透木釜や釣り釜を使うようになり、開炉より半年をすごした炉の季節も終わりに近づきます。また新緑が美しい季節ですから、旅ダンスを使って戸外で過ごす風情を茶室で味わいます。